祝戸荘について

『祝戸荘』は国営飛鳥歴史公園内にたたずむ、ロッジ風の宿泊施設です。
飛鳥は歴史文化遺産の宝庫として、その風土・景観を守るために厳しい環境条例が定められています。
そのため公園内にある「祝戸荘」も景観に配慮し、山の斜面を利用した建物となっています。
藤原氏とゆかりの深い多武峰を東に望み、飛鳥川のせせらぎを聞く閑静な地にあります。
この四季おりおり美しい幻想に満ちた古代ロマンの地を訪ね、その魅力を十分体験していただくために、落ちついたスペースと充実した設備で皆さまのお越しをお待ちいたしております。
日本人の心のふるさと、万葉のふるさと飛鳥の観光に、そして学習・研修のご計画にぜひお役立て下さい。

奈良・国営飛鳥歴史公園内にある唯一の宿泊施設『祝戸荘』のホームページへ
(クリックしてください)